白髪を改善するなら、サプリメントが一番効果的です

白髪改善にいいサプリメントは、配合成分を見ればよくわかります。

「白髪改善にいい栄養成分」は、効能でみると4種類に分けられます。

4種類の効能の内、配合成分がどのくらい効能を満たしているかで、白髪改善サプリを選びましょう。このサイトでは、白髪を改善するサプリメントを配合成分で評価しています。




多くの白髪改善にいいサプリメントを成分評価しています!(下の表は例)


髪の毛の色を黒くする成分 頭皮環境・髪質を改善する成分 代謝・細胞の再生を促す成分 毛髪細胞を活性化する成分 コスト
(月5千円)
総評

ブラックサプリEX


ヘアーフォーミュラ


髪精丸α

当サイトでは、白髪改善にいい成分がどのくらいサプリに含まれているか重視して、サプリメントを評価しています。上の比較表のように、サプリメントの成分を効能で分類し、コストを加味して採点しています。




白髪の疑問と対策集!白髪改善にいい食べ物・食事からわかる栄養素

白髪防止に役立つための知識を紹介しています。白髪の仕組みを知ることが、まずは第一条件です。白髪防止対策を少しずつ学習しましょう。



白髪対策になる成分や対策を教えます!

白髪対策になる成分、含まれている食品について紹介ています。いつまでも黒い髪でいるためのノウハウをまとめています。

白髪をなくすために必要な効能成分は4つ


黒髪の中に白いものがチラホラしてくると憂鬱になりますね。 また、カラーリングしていても、染めたてはよいのですが、すぐに伸びた部分が白く目立ってきます。 そこで少しでも白髪を改善するためには、どんな成分を積極的に摂取すればよいのか、 代表的な4つの成分をご紹介しましょう。

まず1つ目は「髪を黒くする成分」。 髪の黒色を作っているのはメラノサイトという細胞で、白髪はこの細胞が色をつけないことで発生します。 そこでこのメラノサイトの働きを活性化することで白髪の発生を防ぐことができるのです。 有効な成分としては銅やヨウ素がおすすめです。

2つ目は「頭皮や髪質を改善する成分」。 白髪は頭皮環境がとても大きく関わっていますが、実は頭皮の老化がメラノサイトの機能を衰えさせているのです。 ですから、抗酸化作用のある成分を摂取することで白髪の進行を遅らせることができるというわけです。 有効な成分はポリフェノール、プラセンタ、コエンザイムQ10などです。 これらは、お肌の老化を防ぐことでも知られており、美容目的で摂取している女性も多くいます。

3つ目は「代謝や細胞の再生を促進する成分」。 髪にはヘアサイクルがあり、加齢とともにだんだんと乱れたり遅れたりしますが、 代謝を促すことでヘアサイクルが正常化し、丈夫な髪が生えやすくなるのです。 代謝、再生におすすめの成分は亜鉛、銅、ヨウ素、マグネシウム、鉄などのミネラルのほか、 ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ビオチンなどのビタミンB群です。

4つ目は「血流を改善する成分」。 頭皮に栄養を届けているのは、頭皮の直下を流れている毛細血管ですが、流れが悪いと抜け毛や白髪を招いてしまいます。 そこで血流をよくする成分である、ビタミンF、イチョウ葉エキス、パルテノイドなどを積極的に摂取することで 栄養分がしっかりと頭皮に送ることかできるので白髪のは発生を抑えることができるのです。


白髪染めトリートメントでよく使われる「悪い成分」とは?


カラー剤は刺激が強かったり、伸びたところが極端に白く目立つことから、 トリートメントタイプの白髪染めが人気となっています。 白髪染めトリートメントは、毎日使うことで少しずつ髪が染まっていくもので自然な仕上がりが特徴です。 ただし、白髪染めトリートメントによく使われている成分の中には、頭皮や髪によくないものもあるのです。

まず第一に「刺激性のある染色成分」。 強い染色成分であるパラフェニレンジアミンやパラアミノフェノールなどは刺激が強いため、 皮膚炎やアレルギーなどを起こす可能性もあります。

第二に「刺激の強い界面活性剤」。 シャンプーで注目されている界面活性剤は白髪染めトリートメントにも使われている場合があり、 柔軟性や静電気防止作用をもたらします。 ベヘントリモニウムクロリド、セトリモニウムクロリドなど、~クロリドという名称でほとんどの商品に配合されています。

第三に「シリコン」。 シリコンは髪をコートしてツヤを出したり、柔軟性をもたらしてくれますが、 使い続けることで少しずつ髪や頭皮に残り、悪影響を及ぼすこともあります。 さらに多量に配合されている場合は注意が必要です。 代表的なシリコンとしては、ジメチコンやジメチコノール、トリシロキサンなどです。

第四に「防腐剤や酸化防止剤など」。 ヘアケア剤に防腐剤や酸化防止剤、安定剤、金属封鎖剤などは必要な成分ではありますが、 中には刺激が強いものもあり、皮膚炎やアレルギーを引き起こす場合も少なくないのです。 よく知られているのはパラベン系やクロルヘキシジン、エチドロン酸などです。 名前だけでは、刺激性まではわからないかもしれませんが、白髪染めトリートメントを選ぶ時には 成分の特徴などある程度の知識があると安心です。