トップページ >  白髪対策の基本 >  白髪を抜くと増えるは本当?

白髪を抜くと増えるは本当?


昔から白髪は抜くと増えるといわれていますが、実はこれは正確に言うと迷信なのです。 白髪ができるのは、毛根にある毛母細胞の間にあるメラノサイトで生成される 黒い色素の元であるメラニン色素が減少したり、消失することが原因なので 白髪を抜いたからといってメラニン色素が減るわけではありません。 白髪を抜いても抜かなくても白髪は次々と生えてくるので増えたような気がするだけでしょう。

ですから、白髪を抜くことで増えるということはないのですが、 実は抜くという動作が頭皮にとってとてもよくないことなのです。 毛は1つの毛穴から2~3本ずつ生えているのですが、 白髪は毛根からしっかりと生えているため、無理やり抜くことで毛乳頭や毛母細胞が ダメージを受けてしまい、メラニン色素が浸透しにくくなる可能性が強いのです。 そのため、髪の再生を阻害し、薄毛を招く恐れがあります。

ですから、白髪を抜くことは白髪が増えるというよりも薄毛など 他の弊害を生むことになるので、白髪は抜かずに根元のほうで切ることをおすすめします。 白髪を抜くと増えるというのは迷信ではありますが、 頭皮や毛髪へのダメージは必ずありますのでよくないことであることは事実です。