トップページ >  白髪対策の基本 >  喫煙(タバコ)する人は白髪が多い?

喫煙(タバコ)する人は白髪が多い?


白髪の原因はいろいろとありますが、実はタバコもその1つだといわれています。 タバコに含まれているニコチンには血管収縮作用があるので 血管が縮むことで血流が悪くなり、毛母細胞にしっかりと血液が届かなくなるため、 黒髪に必要なメラノサイトの働きが弱まってしまうのです。

また、ニコチンは体内に入ると異物と判断されるので 体は必死で体外に排出しようとして、ビタミンをたくさん使うので やがてビタミンが不足してしまい、毛根も栄養不足になり、働きが鈍くなっていくのです。 健康な頭皮や毛髪の成長のためにはたくさんの栄養を必要としますが、 それが足りなくなることで白髪になりやすくなるのは当然だといえるでしょう。

確かに毛髪が真っ白の人にヘビースモーカーが多いというデータ結果があるので 白髪と喫煙には深い関係があると思われますが、 喫煙は白髪の原因の1つにすぎないため、タバコをやめたからといって すぐに白髪が改善されるわけではありません。

加齢や遺伝などの仕方のない原因もありますが ストレスや睡眠不足、食生活などの自分で改善できる対策もあるので まずは積極的に取り組んでみるといいですね。