トップページ >  > 眉毛の白髪の原因と眉毛の白髪染め対策は?

眉毛の白髪の原因と眉毛の白髪染め対策は?

眉毛に白髪ができるわけ


人間の体で、毛が生えている部分だったら、どこでも白髪になるのです。 頭髪の白髪のことばかりが気になりますが、眉毛も頭髪と同じメカニズムで、白髪がでてきます。 白髪が眉毛にでてくる時期は、頭髪よりも毛の量が少ないから、目立たないで後になることが多いです。

眉毛も年齢を重ねた時には、毛の中にメラニン色素が含まれなくなってきます。 これは、メラニン色素のつまった、健康的な眉毛を作るのには欠かせない毛母細胞の働きが弱まってしまうからです。 メラニン色素を作る色素細胞(メラノサイト)の働きが弱まったら、髪の毛だけではなくて、眉毛にも黒い毛が生えなくなり、白髪になってきます。 もっと年齢を重ねたり、白髪を作る要因が増えた時には、メラニン色素細胞自体が消滅してしまうこともあり得ます。

もう1つの眉毛に白髪ができてしまう原因は、メラノサイトがメラニン色素を作りだす時に絶対に必要なチロシナーゼ酵素が少なくなって、分泌されなくなってしまうこともあげられるのです。 メラニン色素を作ってくれるチロシナーゼは年齢を重ねると少なくなることが、髪の毛の白髪の研究からも明らかになっています。

眉毛用の白髪染めってあるの?


あまりにもまゆ毛に目立つ白髪がでてきたら、眉毛用の白髪染めを使って、きれいな黒い眉毛にしたいと思うのです。 眉毛にも、40代以降になったら、白髪がでてきます。 眉毛も頭髪も毛には違いがないので、頭髪用の白髪染めでも眉毛の白髪も染められますが、眉毛はお顔ですし、目にも近い部分ですから、垂れたり目に入ったら大変です。 目に白髪染めが入ったら、最悪の場合には、失明してしまうこともあるので、眉毛専用の白髪染めを使ったらいいでしょう。

眉毛は量も少ないから、使うのなら、「眉毛マスカラ」がおすすめできます。 眉毛マスカラはまつげ用のマスカラと似ている商品で、ブラシとセットになっているのです。 使いやすくて、垂れたり目の中に入る危険性もないから、毎回の白髪染めでは安心して使えます。

眉毛マスカラで白髪染めをしたときには、デメリットもあります。 眉毛マスカラは、1時的なものですから、すぐに落ちてしまいます。 基本的には、毎回気になった時に、眉毛マスカラは何回も塗り直さなくてはならないでしょう。 長期間長持ちする眉毛用の白髪染めは、まだ種類も少ないのが現状になっています。

こちらでは頭髪の白髪の悩みにこたえる商品を紹介しています。様々な種類のものが市販されているので、比較検討にお役立てください。↓
もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の白髪改善サプリメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら