トップページ >  > 白髪になる原因と髪が白くなるメカニズムとやさしく解説

白髪になる原因と髪が白くなるメカニズムとやさしく解説

髪が白くなるメカニズム


若い時には白髪はなくても、中高年の40代以降になったら、男性でも女性でも白髪になってしまいます。 では、どうして白髪になってしまうのでしょうか? 髪の毛が黒いのは、体の中でメラニン色素が作られてくるからです。

若い時には、メラニン色素が十分に作られますから、白髪にはなりません。 特に、日本人の黒髪には、他の人種以上にメラニン色素が含まれています。 これは、生まれた時からの日本人独特のDNAにインプットされている髪の毛の遺伝情報です。

年齢を重ねてきたら、髪の毛も老化して、新しくメラニン色素を生成する毛母細胞の働きが弱ってきます。 その上、髪の毛1本1本の質も弱くなるので、正常なメラニン色素を豊富に含んだ健康的な黒髪が生えなくなってきます。

40代以降の中高年世代になったら、毛母細胞の隣にある「メラノサイト(色素細胞)」の働きが著しく落ち込んできますから、髪の黒さを維持するメラニン色素を作ることができなくなって、白髪ができてしまうというメカニズムになっています。 白髪にならないようにするのには、毛母細胞を活性化させて、メラニン色素が十分に生成される、健康的な髪の毛の環境づくりをしなくてはならないのです。


白髪になる原因


白髪になってしまう時には、1つではなくて様々な原因が考えられますし、複数の原因が隠されていることもよくある現象です。 あなたが白髪の改善や対策をやっていこう! と思う時には、まずは自分がどうして白髪になってしまったのか、その原因究明から考えてみたらいいでしょう。

白髪になってしまう原因で1番多いのは、老化現象です。 30代以降になったら、老化現象から白髪になってしまう方が増えていきます。 老化現象から白髪になってしまうのは、老化によって、細胞の活性化、ターンオーバーができなくなるからです。 毛母細胞から、新しいメラニン色素をたっぷり含んだ黒い毛が生えてこなくなるので、白髪になってしまうというメカニズムです。

老化現象以外にも、白髪の原因になってしまうのは、十分な栄養成分がとれていない時です。 髪の健やかな成長には、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、亜鉛、鉄分、カルシウム、マグネシウム...などの何種類もの栄養成分を補うことが欠かせません。 栄養不足になったら、髪の毛にこれらの栄養成分が届かないから、白髪になってしまうのです。 その他にも、紫外線や大きな体の病気、遺伝やストレスなどによっても、髪の毛は白くなってしまいます。

髪が白くなるメカニズムを理解したところで、実際に対策を練っていきましょう。優れた成分を持つ白髪改善サプリメントを成分ごとに分析しました。↓

もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の白髪改善サプリメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら