トップページ >  白髪対策の基本 >  30代で白髪は早い?

30代・40代で白髪が多い人の原因ともう増やさない対策

平均では、何歳になったら、白髪が目立つ?

白髪はある程度歳をとると生えてくるものだと思われがちですが 若白髪という言葉があるように10代でも白髪が目立つ人もいるのです。 ですから何歳ぐらいから出始めるかは一概には言えませんが 一般的に生え始めるのは35歳前後だといわれています。

けれども、50歳になっても白髪がない人だっているのですから 白髪が年齢のせいだけとは言い切れませんね。 つまり、自分がまだ20代なのに白髪が目立っているからと言って おかしいのではないかと心配する必要は全くないのです。

ある程度年齢がすすめば、白髪はあって当然と思われるので 自分が思うほど周りは気にしていないことも多いのですが、若いうちはかなり気になるもの。 まだ本数も少なく目立たないうちは、髪を明るめに染めたり、 白髪だけを根元から切っておくだけでもかなり気にならなくなります。

思い切って白髪染めを考える人も多いと思いますが、 一度染めると染め続けなければならないことをよく考えて対処することをおすすめます。 また、食生活や睡眠、生活習慣などを見直すことで根本的に白髪対策に取り組むのもいいですね。

30代で白髪は早い?

一般的に白髪が出始めるのは35歳前後だといわれているので 30代で白髪がチラホラしてきても決して早くはありません。 まして、10代~20代の若者にでさえ白髪が見られるのですから 30代で見られてもおかしくはないのです。

以前なら若白髪という言葉もありましたが、今はあまり使われることはなく たとえ20代の若者に白髪があっても驚く人は少なくなってきました。 若いうちに見られる白髪は加齢によるものとは考えにくいのですが、 生活習慣や食生活の乱れだけというわけでもないようです。

そこで考えられるのが遺伝です。 遺伝であれば、年齢に関係なく条件さえそろえば白髪が生えてきても全くおかしくないのです。 おそらく若白髪の人は自分の親もかなりの白髪体質なのではないかと思われます。

また、遺伝以外ではやはり一般的に白髪の原因とされている 栄養不足や血行不良、睡眠不足、ストレス、ダイエットなどが挙げられます。 そして喫煙も血管を収縮させたり、栄養の吸収を妨げたりするので ヘビースモーカーの人は早いうちから白髪が出始めても不思議ではありません。

一方で、「若白髪は遺伝だから、仕方がない。」 という説もあるのですが、これは正しくないでしょう。 生活習慣を整えたり、ストレスがかからないような、毎日の生活に改善したら、あなたも若白髪にはならないし、 若白髪生えてきても、黒髪に戻すこともできます。 若白髪に効果が高いサプリメントは一番簡単な対策です。がんばって若白髪を改善していきましょう!

年を取ったら白髪は染めるべき?そのままがいい?

今はいろいろなタイプの白髪染めが出回っているので、自分で気軽に染められることから 多くの人が白髪を染めています。その一方では、白髪を特に気にせずにそのままにしている人もおり、 ロマンスグレーと呼ばれて結構かっこよく見える場合もありますね。

白髪は一度染めると伸びてきたところが目立ってしまうため、 染め続けなければならないので、いつから染め始めるかは重要です。 若いうちから白髪があるとどうしても気になり、染めたくなる気持ちはわかりますが そのまま染め続けることを考えると悩むところです。

けれども、ある程度の年齢になってしまうと白髪があっても特に違和感が なくなってしまうことも事実です。 ただし、白髪があるのとないのとでは、見た目の印象が違ってきますし、 特に女性の場合は見た目年齢に大きく影響してしまいます。

また、白髪染めは市販のものでも美容院で染めた場合でも 頭皮や髪にダメージを与えることを忘れてはいけません。 もし薄毛やダメージヘアに悩んでいるのなら、白髪染めはあまりおすすめできません。

ですから、白髪を染めるかどうかはその人の自由です。 染めることで若々しく見えるというメリットがある反面、 一度染めたら染め続けなければならないというデメリットがあることを踏まえて 判断するといいですね。

白髪を染めるのは染める時期を考えたり、一度染め始めたら続けなくてはならないなど、いろいろ手間もかかります。
まずは「白髪改善サプリ」で手軽に白髪対策を始めてみませんか?白髪改善に効く有効成分が多いサプリをまとめています。ご覧ください。↓


30代・40代で白髪が多い人の原因

喫煙(タバコ)する人は白髪が多い

白髪の原因はいろいろとありますが、実はタバコもその1つだといわれています。 タバコに含まれているニコチンには血管収縮作用があるので 血管が縮むことで血流が悪くなり、毛母細胞にしっかりと血液が届かなくなるため、 黒髪に必要なメラノサイトの働きが弱まってしまうのです。

また、ニコチンは体内に入ると異物と判断されるので 体は必死で体外に排出しようとして、ビタミンをたくさん使うので やがてビタミンが不足してしまい、毛根も栄養不足になり、働きが鈍くなっていくのです。 健康な頭皮や毛髪の成長のためにはたくさんの栄養を必要としますが、 それが足りなくなることで白髪になりやすくなるのは当然だといえるでしょう。

確かに毛髪が真っ白の人にヘビースモーカーが多いというデータ結果があるので 白髪と喫煙には深い関係があると思われますが、 喫煙は白髪の原因の1つにすぎないため、タバコをやめたからといって すぐに白髪が改善されるわけではありません。

加齢や遺伝などの仕方のない原因もありますが ストレスや睡眠不足、食生活などの自分で改善できる対策もあるので まずは積極的に取り組んでみるといいですね。

ストレスで白髪になる

白髪は1つではなくて、いくつかの原因から白髪になります。 人間の体に過度なストレスがかかった時にも、白髪になってしまうことがよくあるのです ひどい時になったら、1昼夜でストレスから、白髪になってしまうこともあります。 過度なストレスは、髪の毛の健康維持や白髪の予防にも大敵です。

どうして、人間がストレスを感じた時には、白髪になってしまうのでしょうか? 髪の毛が健やかで黒く元気な時には、毛根や頭皮や毛母細胞が活発に働いて、新しい髪の毛を作っていきます。

体にストレスがかかった時には、毛根や頭皮や毛母細胞が活発に働かなくなるのです。 そのせいで、黒い髪の毛には欠かすことができない、メラニン色素の産生がされなくなってしまいます。

同時に、身体にストレスがかかった時には、血行やリンパの流れも停滞します。 この悪影響から、人間の体にストレスがかかった時には、白髪がでたり、髪の毛が抜けたり、髪の毛や頭皮は大きなダメージを受けてしまうのです。

ストレスをためない生活習慣に改善して、毛根や頭皮や毛母細胞の働きを活性化して、白髪を予防していかなくてはならないでしょう。