トップページ >  > 白髪を改善する漢方まとめ

白髪を改善する漢方まとめ


「白髪をなくすには、体質を改善すればいい」と思う人は正解です。

体質を改善は時間がかかりますが、白髪対策に有効な手段です。

そのうちの一つが白髪に胃「漢方」。

白髪にいい漢方



その白髪を改善する漢方について、まとめてみました。

白髪を改善する漢方

若白髪に悩んだ時には、漢方を使ったら、改善効果が高いのです。 漢方は若白髪の改善効果だけではなくて、体に優しく働きながら、健康効果や美容効果を高めてくれます。 しかも、漢方で若白髪の改善を行ったら、老化、ストレス、栄養不足、血行不良などの様々なタイプの白髪の改善には効果が高いです。

どのタイプの白髪でも、血流をよくして、毛根に栄養がいくようにしてくれます。 では、現在、白髪の改善によく使われている漢方薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)


白髪の改善のほかにも、高血圧、動脈硬化、不眠症などの改善効果が高い漢方薬です。 交感神経の高ぶりをおさえて、ストレスを解消して、若白髪を治していきます。

何首烏(かしゅう)


ツルドクダミの根を用いた漢方生薬で、髪のトラブル全般に改善効果があるのです。 白髪が烏の羽のように、黒く変化してよくなったことが名前の由来になっています。 肝臓機能や腎機能を改善して、老化現象を予防して、白髪の改善効果を高めていきます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)


多くの方が悩む精神不安などの精神神経症状や、更年期障害や疲れなどに効き目がある漢方薬です。 加味逍遥散(かみしょうようさん)を飲んだら、精神を安定させられますから、若白髪の改善ができるのです。

このほかにも、いくつかの漢方薬が白髪の改善効果がありますが、漢方では主にこの3つがいいと考えられています。

漢方を飲む場合は、漢方のデメリットに要注意!

漢方は、薬よりも副作用が少なく、自然に近い形で体質を変えられるメリットがあります。
ただし、これは漢方で成功した人の話です。

漢方のデメリットは、なんでしょうか?
漢方の口コミをみると、不満や失敗はだいたい以下のようです。
・効果の実感が緩やかで遅い
・体質まで変わるのが理想だけど、現実は変わらない場合が多い
・漢方は意外と高いので、お金に根気がないと続かない
・他の薬やサプリを飲んでいたら、漢方にこだわる意味なくなる


そして、現実的には、漢方はほとんどの人が失敗におわるケースが多いようです。
漢方の失敗の原因は、ダイエットと失敗の原因と同じですね。

一番効率的なのは「白髪サプリ」

漢方より時間がかからず、効率に成果を出せるのは「白髪サプリ」です。
サプリは食品なので、基本的に副作用はありません。

また、白髪サプリは、白髪に必要な栄養素を直接配合しているので、より体の改善に直接的な効果があります。

特に、白髪対策には、「アミノ酸10種類、ミネラル10種類、ビタミンB群5種類、ビタミンC、ビタミンE」などたくさんの種類の必要といわれています。

食事でこれほど摂取するのは、まず難しいですが、全ての種類の栄養を完全に、しかも手軽に摂取できるのは「白髪サプリ」だけです。

一度増え始めた白髪はモタモタしていると、ドンドン増えていきます。

漢方で多くの時間をかけるのがこわい人は、より直接的な効果を発揮する「白髪サプリ」を試してみる価値はあると思います。

このサイトでも、30種類の中から、成分を厳選して比較した白髪サプリをおすすめしています。ぜひチェックしてみてください。

人気30種の白髪サプリの成分を徹底比較しました!






------------------------------------
更新日:2018/08/05